関連フォーラムトピック

Lightning G3 でなんちゃってハンバーガーメニュー

この記事を表示すると、画面右上にハンバーガーメニューが表示されています。
この記事以外ではハンバーガーメニューは表示されず、「商品」はグローバルナビの項目として表示されます。

操作してみるとわかりますが、クリックで開閉するハンバーガーメニューではなく、マウスのホバーで開く「なんちゃって」なハンバーガーメニューです。

マウスのホバーで開く「なんちゃって」なハンバーガーメニュー

「なんちゃって」ですが、デザインを変えれば、グローバルナビゲーションとは別のメニューを呼び出すフローティングボタン(またはバナー)として使えます。

・テーマのテンプレートに手を加えない
・フックを使わない
・メニューをメンテナンスしやすい

という点で、お手軽で役に立つカスタマイズのアイディアではないかと… (自画自賛)

作り方はこんなかんじです。基本的には CSS をコピペするだけなので、興味がある方はお試しください。

手順 1. ボタンとして使うメニュー項目の CSS class に hamburger と入力して、URL の入力欄を空にしておく。

ボタンとして使うメニュー項目の CSS class に hamburger と入力する

手順 2. 以下の行を CSS に追加する。

.device-pc nav li.hamburger {
position: fixed;
right: 20px;
top: 52px;
width: 50px !important;
height: 50px !important;
display: block;
padding: 0;
border-radius: 3px;
}

.device-pc.header_scrolled li.hamburger {
top: 80px;
}

.device-pc.admin-bar nav li.hamburger {
top: 84px;
}

.device-pc.header_scrolled.admin-bar li.hamburger {
top: 112px;
}

.device-pc nav li.hamburger::before {
font-family: "Font Awesome 5 Free";
content: "\f0c9";
font-weight: bold;
color: #666;
font-size: 28px;
}

.device-pc nav li.hamburger:hover::before {
content: "\f00d";
}

.device-pc .global-nav-list>li.hamburger .global-nav-name {
font-size: 10px;
}

.device-pc .global-nav-list>li.hamburger {
border: 1px solid #666;
background-color: rgba(255, 255, 255, 0.9);
}

.device-pc .global-nav-list>li.hamburger >a {
padding: 0;
color: #666;
display: block;
margin-top: -6px;
}

.device-pc .global-nav-list>li.hamburger >ul.sub-menu {
margin-left: -215px;
top: 52px;
}

上記の CSS は以下の条件でしか期待通りに動作しません。

  • Lightning G3 の Plain デザインスキン
    Origin III だと残念なボタンになります。
  • パソコンで表示
    タブレットでは動作しません。タブレットではハンバーガーボタンを配置するスペース確保が難しそうなので、通常のナビゲーションの項目として表示しています。(「手抜き」とも言う)

Lightning Pro のなんちゃってハンバーガーメニューの CSS を以下の記事に書いてあります。

投稿者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

Lightning / Katawara を使用したサイト制作は全国どこからでも承ります。遠方からのご依頼の場合、Zoom を使用して打ち合わせを行わせていただきます。

講習形式のホームページ制作サポートも行っています。
お客様ご自身でホームページを制作・カスタマイズする上で、むずかしい部分を講習形式でサポートいたします。制作を手伝ってもらうだけでなく、同時に制作スキルを身につけたいという方はお気軽にお問い合わせください。