画像をグラデーション加工するには

このページのページヘッダーのように画像にグラデーションをかけたデザインにしたいことがあります。

そのようなとき、グラデーション加工した画像を用意するのは効率が悪いし、グラデーションをかける最適な範囲が画面幅によってビミョーに違ったりするので、画像には手を加えずに CSS を使ってグラデーションをかけるやり方の一例を紹介します。(Lightning G3 Pro Unit 限定のやり方ですが...)

この ↓ 1900x450ピクセルの画像がこの投稿のアイキャッチ画像として設定されていて、このアイキャッチ画像がページヘッダー画像になっています。(Lightning G3 Pro Unit がそのような仕様になっています)

この画像がアイキャッチ画像として設定されて、ページヘッダー画像になっています。
クリックして拡大表示 (WebP 画像です)

CSS

グラデーションをかける CSS は以下の通りです。min-height の部分を最適化するのがちょっと面倒でした。果たしてこれが最適かどうかもちょっと不安が... 😅

@media (min-width: 768px) {

    .page-header {
        background-position: right center;
        background-size: contain;
        min-height: max(15vw, 140px + 5vw);
        color: #000000;
        text-shadow: 1px 1px 3px #fff;
        text-align: left;
    }

    .page-header::before {
        opacity: 0;
    }

    .page-header::after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        right: 0;
        opacity: 1;
        width: 100%;
        height: 100%;
        background: linear-gradient(90deg, #ffffff 0%, #ffffff 40%, transparent 80%, transparent 100%);
    }
    
    h1.page-header-title {
        width: 75%;
    }

}

スマホのページヘッダーにグラデーションは馴染まないと思うので、以下のようにグラデーションなしの表示にしてあります。

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズを全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン「VK Blocks」「VK Filter Search」のカスタマイズを得意としています。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

このサイトで行っているカスタマイズのやり方の多くもマンツーマンのオンラインレッスン形式などでわかりやすく説明させていただくことができますので、興味がある方はご連絡ください。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* アクションフック・フィルターフック・PHP・jQuery・CSS によるカスタマイズ
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

わからないところ、オンラインでお手伝いします

魚沼情報サービスの対馬です
こんにちは、魚沼情報サービスの対馬です。

Lightning およびベクトルのプラグイン VK Blocks、VK Filter Search の設定・カスタマイズでお困りの方のお手伝いを得意としています。

Zoom オンラインレッスン形式でサポートしてお力になります。

* 近くに頼りになるところがない
* わからないところを手伝ってもらいたい
という方はぜひご利用ください。