このページはレスポンシブスペーサーを height で指定してある

VK Blocks Pro が 1.8.0 にアップデートされて、レスポンシブスペーサーの小・中・大の共通余白設定ができるようになりました。

とりあえず、以下のように設定して試して、見出しの前の余白を大きくしてみたいと思ったのですが...

レスポンシブスペーサーの共通余白設定

以下の要因により、見出しの前にレスポンシブスペーサーを入れたのに余白が小さくなってしまう現象が起きることがあります。

  • 共通余白設定は height ではなく margin-top で適用される。
  • Lightning G3 では、p+h2 にスタイル margin-top: 2em; が適用されているが、h2 タグには設定されていないので、レスポンシブスペーサーの後の h2 タグは margin-top: 0; になってしまう。

この下にはレスポンシブスペーサーがありません。

見出し H2

この下にレスポンシブスペーサー(小)があります。

見出し H2

この下にレスポンシブスペーサー(中)があります。

見出し H2

この下にレスポンシブスペーサー(大)があります。

見出し H2

margin-top よりも height の方が使いやすいので、以下の CSS を書いて使うことにします。

.vk_block-margin-sm { height: var(--vk-margin-sm); margin-top: unset; }
.vk_block-margin-md { height: var(--vk-margin-md); margin-top: unset; }
.vk_block-margin-lg { height: var(--vk-margin-lg); margin-top: unset; }
.vk_spacer+h2 { margin-top: 2em; }

追記 どちらにするか悩ましいところです

先々のことを考えたら margin-top で使っておく方がよさそう・・・だけどエディター画面での見え方は height の方がしっくりするんです。
お客さんにスペーサーの使い方を説明するときは height の方がわかってもらいやすい気がします。
考え方を図にまとめてみました。もう少し悩んでみます。

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズは全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」のカスタマイズには特に自信があります。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ