VK Blocks Pro のスライダーで高さの指定をなしにできるようになった

高さ指定のいいところ・困るところ

いままでスライダーブロックは、PC・タブレット・モバイルのそれぞれに高さを指定する必要がありました。

高さの指定ができるとスライドショーを作るときに都合がよかったのですが、カルーセルを作るときにはスライダーの高さを調整するのが大変でした。

カルーセルを作るのが楽になった

VK Blocks Pro のアップデート (1.10.0以降) により、図のようにリセットボタンが追加されて、高さの指定をなしにできるようになりました。

これにより、以下のような画像を複数並べたカルーセルを作るとき、上下の不要な余白の調整作業が不要になり、作業が楽になりました。

もうちょっと...

あとは、1度に表示する画像の枚数を画面幅ごとに指定できるようになればカルーセルとしてばっちりですね。ベクトルさんに期待しましょう。

スマホだとスライド数は3枚が上限ですが、パソコンで3枚だと大きく見えてしまいます。そこで...

とりあえずの対処法を考えました

スライダーを全幅に、画像の枚数を 3 に設定して、以下の CSS を書けばパソコンでもスマホでも十分に見やすく実用レベルで使えます。

@media (min-width: 992px) {
/* パソコンだけ全幅から標準に戻す */
.swiper-container.vk_width-full,
.swiper-container.alignfull {
    margin: 0 auto;
    width: 100%;
}
}

2022.9.22 追記 アップデートによりコンテナに割り当てられるクラス名が vk_width-full から alignfull に変わったみたいなので、alignfull の指定を CSS に追加しました。

下のスライダーはこのやり方で作ったものです。上のスライダーと見比べてみてください。

もうひとつ気になること

読み込み中の画像が一瞬大きく表示されるのが気になります。PageSpeed InsightsCLS スコアにも悪影響がありそうなので、特にファーストビューに配置する場合はなんとかしたい問題ですが、こちらのページの JavaScript でクリアできそうです。

2022.9.22 追記 JavaScript を使うよりもお手軽な方法があります。それはスライダーアイテムの最大幅を max-width で指定するやり方です。この投稿のスライダーはこのやり方で「一瞬大きく表示」問題の対策を行っています。

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス (新潟県南魚沼市)
【日本全国対応】WordPress のサイト制作、設定、カスタマイズ、トラブルでお悩み、お困りの方、お手伝いいたします。

Lightning / VK Blocks / VK Filter Search のサポート、カスタマイズを得意としています。

遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを制作・運用する上でうまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

デザイナー様、制作業者様のサイト制作のお手伝いも数多く行っています。難しい部分のコーディング ( PHP / CSS / jQuery ) をやってほしい、いま人手が足りない等、お仕事の依頼をお待ちしています。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

Lighting テーマ使用

WordPress サイト開設

スターターパック

  • デザイン済みパーツを組み合わせることで価格納期を大幅削減
  • プロが作ったクオリティが高いホームページ
  • サポート付き・ご自分でかんたんに情報発信できます