ベクトルのプラグイン VK Blocks のスライダーブロックを使ってスライドショーを作ることができます。

以下の3つのやり方で実際にスライドショーを作ってみて、どのやり方がいちばんよいか考えてみました。

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。詳しくは個々のスライダーのページをご参照ください。

1. 背景画像

スライドの高さ

  • スライダーブロックで指定する

メリット

  • 画像に文字を重ねるのがかんたん
  • 画像に色を被せるのがかんたん

デメリット

  • PC・タブレット・モバイルの画像を別々に用意する必要がある (これはメリットにもなり得る)

こんな使い方に向く

  • スライドショー全般
  • PC・タブレット・モバイルで別々のスライドを使いたい場合

2. 画像ブロック

スライドの高さ

  • 使用する画像の縦横比で高さが決まる

メリット

  • PC・タブレット・モバイルの画像を別々に用意する必要がない
  • どの画面幅でも画像が欠ける心配がない

デメリット

  • 文字やボタンを重ねることができない

こんな使い方に向く

  • 画像を一切欠けずに表示したい場合

3. カバーブロック

スライドの高さ

  • カバーブロックで指定する

メリット

  • 焦点ピッカーを使って人物の顔が画面の外に隠れないようにできる
  • 全画面表示のスライドショーができる
  • PC・タブレット・モバイルの画像を別々に用意する必要がない
  • 画像に文字を重ねるのがかんたん
  • 画像に色を被せるのがかんたん

デメリット

  • PC・タブレット・モバイルでスライダーの高さを別々に指定できない

こんな使い方に向く

  • スライドショー全般
  • 人物をメインに配置したい場合
  • 全画面表示のスライドショー

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス (新潟県南魚沼市)
【日本全国対応】WordPress のサイト制作、設定、カスタマイズ、トラブルでお悩み、お困りの方、お手伝いいたします。

Lightning / VK Blocks / VK Filter Search のサポート、カスタマイズを得意としています。

遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを制作・運用する上でうまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

デザイナー様、制作業者様のサイト制作のお手伝いも数多く行っています。難しい部分のコーディング ( PHP / CSS / jQuery ) をやってほしい、いま人手が足りない等、お仕事の依頼をお待ちしています。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

Lighting テーマ使用

WordPress サイト開設

スターターパック

  • デザイン済みパーツを組み合わせることで価格納期を大幅削減
  • プロが作ったクオリティが高いホームページ
  • サポート付き・ご自分でかんたんに情報発信できます