img 要素に width/height の指定をした場合としない場合で、PageSpeed InsightsCumulative Layout Shift (CLS) のスコアがどのくらい変わるのかを実際に測って検証してみました。

検証に使用した記事は以下の2つです。

後者の記事の [カスタム CSS] には CSS を入力して以下の4つの画像の width/height を指定してあります。

  • ヘッダーロゴ画像
  • ページヘッダーの投稿者名の前のプロフィールアイコン
  • 投稿者プロフィールのアバター
  • フッターロゴ画像

入力した CSS は以下の通りです。

.site-header-logo img,
.veu_profile .media_outer img {
width: 210px;
height: 45px;
max-height: 45px;
}
.entry-meta-item-author-image img {
width: 1.4em;
height: 1.4em;
}
#padSection .avatar img {
width: 80px;
height: 80px;
}

@media (min-width: 601px) {
#padSection .avatar img {
width: 100px;
height: 100px;
}
}

CLS の測定結果ですが、以下のようにはっきりとした違いが出ました。

CSS なしCSS あり
1回目0.210.01
2回目0.0770.01
3回目0.0820.013
4回目0.210.01
5回目0.0820.01
平均0.13220.0106

めんどくさいですが、width/height の指定はやっておいた方がよさそうですね。

投稿者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

Lightning / Katawara を使用したサイト制作は全国どこからでも承ります。遠方からのご依頼の場合、Zoom を使用して打ち合わせを行わせていただきます。

講習形式のホームページ制作サポートも行っています。
お客様ご自身でホームページを制作・カスタマイズする上で、むずかしい部分を講習形式でサポートいたします。制作を手伝ってもらうだけでなく、同時に制作スキルを身につけたいという方はお気軽にお問い合わせください。