Lightning G3 で Outer ブロックのパララックスが動作しなくなった

Lightning G3 で Outer ブロックの背景設定をパララックスにしてもパララックスの動作をしなくなっています。

パララックスのテスト

パララックスのテスト

パララックスのテスト

Lightning Pro でもパララックスは非保証の扱いで、フォーラムでもパララックスを廃止したい旨がベクトルさんから書き込まれていました。

カバー固定にすると

背景設定をカバー固定にするとこうなります。とりあえず、これで代用するのがいいですね。

パララックスのテスト

パララックスのテスト

パララックスのテスト

パララックスの代替方法

カバーブロックに背景画像を設定してパララックスを実装するやり方を紹介します。

1. カバーブロックの メディア設定 で 固定背景 を有効にする。

1. カバーブロックの メディア設定 で 固定背景 を有効にする。

2. カバーブロックの 追加CSSクラス に cover-parallax を指定する。

2. カバーブロックの 追加CSSクラス に cover-parallax を指定する。

3. 以下の CSS を追加する。

.cover-parallax {
background-attachment: fixed;
background-position: 50% 0;
}

4. JavaScript に以下の行を追加する。

var parallax = -0.5;
var $bg_images = $(".cover-parallax");
var offset_tops = [];
$bg_images.each(function(i, el) {
    offset_tops.push($(el).offset().top);
});
$(window).scroll(function() {
    var dy = $(this).scrollTop();
    $bg_images.each(function(i, el) {
    var ot = offset_tops[i];
    $(el).children(".wp-block-cover__image-background").css("background-position", "50% " + (dy - ot) * parallax + "px");
    });
});

上記は jQuery のプログラムですので、jQuery(function($){}); で囲まれた部分に追加する必要があります。このプログラムだけの JavaScript ファイルの中味は以下のようになります。

jQuery(function($){

    var parallax = -0.5;
    var $bg_images = $(".cover-parallax");
    var offset_tops = [];
    $bg_images.each(function(i, el) {
        offset_tops.push($(el).offset().top);
    });
    $(window).scroll(function() {
        var dy = $(this).scrollTop();
        $bg_images.each(function(i, el) {
        var ot = offset_tops[i];
        $(el).children(".wp-block-cover__image-background").css("background-position", "50% " + (dy - ot) * parallax + "px");
        });
    });

});

WordPress 6.1 になってカバーブロックの HTML が変わったので、以下のように変更してあります。

WordPress 6.0.* 以前

$(el).css("background-position", "50% " + (dy - ot) * parallax + "px");

WordPress 6.1 以降

$(el).children(".wp-block-cover__image-background").css("background-position", "50% " + (dy - ot) * parallax + "px");

Lightning G3 の子テーマに JavaScript ファイルを追加するやり方は以下の記事をご覧ください。

JavaScript を追加するやり方

Lightning G3 の子テーマに JavaScript ファイルを追加するやり方を紹介します。このやり方は Lightning Pro も同じです。

上記の代替方法で作ったカバーブロックがこちら ↓ です。

パララックスのテスト

パララックスのテスト

パララックスのテスト

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス (新潟県南魚沼市)
WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズを全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン「VK Blocks」「VK Filter Search」のカスタマイズを得意としています。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

このサイトで行っているカスタマイズのやり方の多くもマンツーマンのオンラインレッスン形式などでわかりやすく説明させていただくことができますので、興味がある方はご連絡ください。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* アクションフック・フィルターフック・PHP・jQuery・CSS によるカスタマイズ
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

また、制作業者様のサイト制作のお手伝いも数多く行っております。いま人手が足りない、ちょっとここだけコーディングを頼みたい、等々… お仕事の依頼をお待ちしています。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

今よりもっといい WordPress サイトにしたいなら Vektor Passport がおすすめ

Vektor Passport 1年
ベクトルから発売されている有料プラグイン Lightning G3 Pro Unit / VK Blocks Pro を使えば、このサイトで紹介しているようなコードを書かずにかんたんにカスタマイズできることがたくさんあります。

名前に Pro がついているので「制作のプロ向け製品」という印象を受けるかもしれませんが、
*もっといいサイトにしたい
* 効率よく作成・運用・管理をしたい
と考えているコーポレートサイトの担当者にこそ使っていただく価値がある製品です。

Lightning G3 Pro Unit / VK Blocks Pro は Vektor Passport というライセンス製品で販売されています(個々の単体販売はされていません)。これらのプラグインを使うと、便利なカスタマイズ機能やリッチなコンテンツ制作に役立つブロックをたくさん利用できるようになりますので、効率的にサイトを制作・運用したい方はぜひお使いになることをおすすめします。