VK Blocks Pro のスライダーでスライドショーを作るやり方【画像ブロック】

↑ のスライダーはスライダーアイテムに画像ブロックを入れてあります。

スライドの高さを指定する方法

スライダーブロックで高さの指定をしない(指定してあればリセットする)。
使用する画像の縦横比でスライドの高さが決まる。

画像ブロックを使うメリット

  • 1. PC・タブレット・モバイルの画像を別々に用意する必要がない。
    PC 用の画像だけ用意すれば、WordPress が画面幅ごとに最適な画像を作って表示してくれるので楽ができます。
  • 2. 画像が欠ける心配がない。

画像ブロックを使うデメリット

  • 1. 気をつけないと画像の上下に余白が表示されてしまう心配がある。
    画面幅をひと通り変えて確認しておく必要があります。
    VK Blocks Pro のアップデートにより、高さの指定をなしにできるようになったので、このデメリットはなくなりました。
  • 2. 画像に文字やボタンを重ねることができない(ことはないが、かなりめんどくさい)。

こんな使い方に向く

  • 画像だけのスライドショー
    画像全体を一切欠けることなく表示したい場合はこのやり方になります。